洗練された大人のためのニット・ブラウス通販サイト

今を心地よく生きる大人のためのニットencolorage(エンカラージ)オンラインショップ

  • HOME
  • concept
  • 商品一覧
  • サイズガイド
  • ご利用ガイド

encolorage > カリアッジ カシミヤ CARIAGGI > カシミヤへのこだわり > カシミヤの歴史・生産工程



カシミヤへのこだわりカリアッジ カシミヤ商品


カシミヤの歴史


カシミヤの起源

カシミヤは古くからステータスシンボルの一つとされています。華麗で、気持ちを豊かにさせてくれます。

この貴重な糸は昔、王、王妃、のみに使用が許されていたほか、チ ベットの修道士が黙想の寒さから身を守るために1000年前から使用していました。 今日、カシミヤのセーターをすべての人々が身につける事ができると想像する事はこの 時代には非常に難しい事でした。

カシミヤの起源ははっきりしていませんが、15世紀、カシミア地方のサルタン王とザイン ウル アビディン、“Abbar il Grande"と呼ばれていたチンギスハンの子孫が、カシミヤ製のマフラーとショールを製造するためにトルキスタンの紡績工を宮廷に呼んだとい う伝説が残っています。

それ以降、手作業のカシミヤ織物はカシミヤ地方の主な産業となりました。


結婚式の贈与品としてのカシミヤのショール

カシミヤ製のショールは新郎から新婦へ結婚式の日に贈られていました。
「高価な贈り物は結婚指輪の間を通り抜けるもの」という言い伝えもあります。

当時、カシミヤ製ショールへの加工作業は、インドとチベットにまたがったラダック山岳から伝わる伝統的な方法で行われていました。
長く、骨の折れる加工作業は、一家族全員が冬の間すべてを作業に費やし、完全な手作 業で生産されていました。粗悪な原材料の中からの高品質繊維の採取から始まり、紡績、織りへと作業が進められていきました。


ヨーロッパでの普及

1700年代、これらのカシミヤ製の衣類は、 東インド会社の軍人と一般市民を通してイギリスで普及します。こうした経歴をへた後、西ヨーロッパ地域での使用が始まりま した。
こうした北インドでの起源より、カシミヤ製のショールは大きな流行へと発展してい きました。

イギリスでの模倣生産は、設備は整っていたものの、オリジナルが持つ繊細な肌触りが 実現できず、実験の繰り返しでした。

カシミヤのショールの流行は1800年代で衰退しましたが、カシミヤの純粋繊維は姿を 消す事なく1920年代に使用が再開されました。

イギリス人、フランス人はカシミア山羊の輸入も試みましたが、ヨーロッパにおいて も、アメリカ合衆国においても豊かすぎる放牧地、温和すぎる気候が品質の乏しい繊維 を生む結果となり、カシミヤ繊維特有の質感を保つ事ができませんでした。


気候条件

高品質の毛皮の基本条件は、やはり環境です。冷たい風が吹く標高の高い牧場地、粗悪な厳しい環境で貴重な柔らかい被毛が生まれます。

この素材は、地上で最も近寄りがたい粗悪な環境で生まれるからこそ世界で最も貴重とされ、高い保温性を持ちます。 人間の都合で、環境の異なる地へのカシミア山羊の移動を試みたとき、生き残る事はできたものの、彼らの最大の特徴であるsottovello(産毛)の上質さと柔軟性を失う結果となりました。

現在では中国が国際的に最も上質なカシミヤを生産する地域とされています。




カシミヤ繊維の生産工程


カシミヤ山羊

カシミヤ山羊の平均サイズは、背峰(両肩の間の背の隆起)約60cm、雄山羊の体重平 均は50~60kg、雌山羊35~45kgで、雄雌とも豊富な長いあご髭をもっています。

カシミヤ山羊は立派な角を持ち、その角の形の特徴を見る事で世界に生息するカシミヤ山羊の種類を特定する事ができます。

山羊は自身を誇示するように、品格のある豊富な被毛を身につけていますが、これら大部分の被毛は上質とは言えず、主に毛布、カーペット、ロープ類、カーテン等の製品に使用されます。





sottovello:最も貴重な毛

カシミヤ山羊の被毛の中で最も貴重とされる毛は、sottovello、borra、duvet、tiflitと呼ばれる皮膚から 一番近いところに生えるきめの細かい毛(産毛)で、これらが高級カシミア製品に使われます。

sottovello(産毛)は短く、滑らかで、柔軟性があり、動物を寒さから保護するのに非常 に効果的な役割を果たします。

雌山羊は、妊娠、授乳期間は虚弱になり被毛が抜けやすくなる事から、雌山羊に比べ雄 山羊の方がより上質なsottovello(産毛)を持ちます。


被毛の採取

新しい季節の到来と共に、春毛への生え替わりが始まり、奥に隠されていた産毛が表面 の被毛と同時に抜け落ちます。
この時期ようやく上質なsottovello(産毛)が採取されます。


不純物の除去および洗浄作業

被毛採取のコーミング(櫛でとかすこと)作業において、sottovello(産毛)の繊維にダメージを与えぬよう注意を払われながら毛根部分が撤去されます。

15~30分の毛根除去作業の後、毛の撚りあわせ作業1回目が行われ、3~4週間おいた 後2回目が行われます。
毛のコーミング作業は毛の絡まり具合によって15分、長くて30分かけて行われ、3~4 週間おいた後2回目のコーミング作業が行われます。


選抜作業

採取されてすぐのborra(または、dubet)の中には、不純物、上質ではない産毛(giarreと 呼ばれる)も混ざっており、これらは長時間の複雑な作業工程を経て取り除かれます。全て手作業で選抜されたborraは、その後、洗浄されます。
このように洗練され、清潔な状態の素材がそろって初めて製品生産に使用されます。

最終的に、これらの選抜作業によって製品生産に使用されるされる繊維量は被毛採取当初の50~55%に減少します。


cashmere dejarrato (カシミヤ デジャラート)

これらの作業行程を経たカシミアをcashmere dejarrato (カシミヤ デジャラート)と呼び、繊維の平均直径が14~16ミクロンほどで、これらが高級カシミア製品生産に使用されます。

これらの行程の後、カシミヤ製品市場での価格を決定するテストが行われます。

品質価値を決定する判断基準:
・色(繊細な着色に適した白色がより貴重とされる)
・ 繊維のきめ細かさ(細い繊維ほど需要が高い)
・giarreの含有量(含有量が低いほど上質な繊維とされる)
・長さ(長い方が良いとされる)

品質が保証された繊維は、世界でも名高いカシミヤ製品が実現されるための、紡績、織 物加工への準備が整えられます。


紡績加工

紡績はカシミア製造の中でも、最終的な製品品質をきめる重要な行程で、繊維束は紡績 器機にてよりきめ細かい繊維へと加工されます。



カシミヤの作業工程


巻き取り作業

巻き取り作業の段階で、高レベルな最先端技術の光学メカニズムの点検により、残りの 不純物と、関係のない繊維が除去され、糸に一層の磨きがかけられます。


撚り合わせ作業

紡績された後、それらを撚(よ)り糸にするために、糸2本を1組として2組、もしくは糸 3本、糸6本に撚りがかけられます。
撚りの数は、得たい仕上がり具合によって調整さ れ、撚りを最少にすると、柔らかい手触りで暖かな印象に仕上がり、最多にすると滑るような手触りで爽快な印象が得られます。


いくつかの着目点

世界中から高い評価を得ているいくつかの着目点

・1mm厚の紡績糸を作り上げるために、約70本の綿密な繊維を使用しています。
・コーミング作業で、一頭の山羊から最も柔らかいとされる被毛sottovelloが200g~500g採取され、精錬した素材を厳選する過程で半分の量に減じます。
・それぞれの山羊から貴重な繊維が約200gづつ採取され、それはセーター1枚の生産の適量になります。

これらの事実に基づき、唯一で、皆が大きなあこがれを抱くこの特別な繊維の、周知さ れている高価格を容認できると言えます。